シャーリーマクレーン / 願望実現パワー 成功法則はこうして使う

自己の発見


2013年の11月から2カ月間くらいでこんな本を読みました。

1冊目は「人生を開く心の法則」です。
1年くらい前から、「引き寄せの法則」(類は友を呼ぶ)の関係の本を読んでたのですが、感覚的に合わない点もありました。そんな状態のとき、でこの本を見つけました。人生の出来事は自分の心に対応している、とか内なるキリストに重荷をわたす、とかいわゆる科学的合理性はありませんが不思議に惹かれました。理屈だけで考えるな、頭だけで考えるな、もっと感覚と直感を信じなさい、という感じをうけました。


2冊目は「人生の扉をひらく「万能の鍵」」自動車のヘンリー・フォードが影響を受けたとされる本ですから古い本です。しかし、「個々の人間の生命はすべて「無限の源=神」から流れ出る聖なる流れである。神と人間は一つ(神我一体)である。」に始まって「豊かさは宇宙の法則であり、妨げさえしなければ、必要なものはふんだんに与えられる」、と書いてあります。僕もいくら考えても、草の芽がでて枯れる理由がわからない、とか自分が存在する理由がわからない、というように、生命の不思議、存在の不思議をずっと考えていたようで、この本で、世界を作ったのはやっぱり宇宙エネルギー(神様という表現でもいい)とすっきりしました。

3冊目がアウト・オン・ア・リム (角川文庫)
チャネリング、地球外生命の話とか、でてきますが、大きなテーマは、自分の心の探求の話です。「自分は1人ではない、神様と一緒にいる」と癒される本です。


4冊目が「フィンドホーンの魔法」です。
イギリスに実在する、農園での話で、天使や植物の妖精が出てきます。天使たちのおかげで信じられない豊な農園ができています。実行したピーターという人の信仰、信頼の強さが印象的でした。まさに、「信じる者は救われる」です。


最後は「前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)」。精神科の医者の書いた本で、退行催眠をかけていた患者が生まれる前の記憶を話だしたという内容です。、人間は生まれ変わる、現在の病気、精神不調も過去のトラウマが原因な場合は、前世のトラウマも含めて治療できる。なぜトラウマの原因がわかることにより精神不調が治るかはわからない、とありました。死んでも生まれ変わる、のなら死ぬのは怖くない、と思えるようになってきますね。


本当に「持って死ねない」のに、お金や財産に執着するのはなぜでしょう。お金や財産は、他人に迷惑をかけない程度に必要な分あればいいと思います。






PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金| 社労士,大阪,伊丹,神戸,会社設立| 社労士,大阪,伊丹,神戸,職業紹介業認可| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ|